ゲイ同性愛者が同性婚をするにはどうしたらいい?

ゲイまで待てない

 

ゲイなど、同性愛者への理解は日本国内でも徐々に進んできています。

 

とはいえ、同性婚に関しては未だ日本では認められていないのが現状です。もちろん、同性のカップルが交際、同棲をするには何の問題もないのですが、法的な観点から見て婚姻を結ぶことは認められていないということです。

 

海外では、実際にゲイ同士が結婚できる同性婚が認められている国もあるのですが、日本ではすべてがその通りにはいかないわけです。

 

では、具体的にゲイ同性愛同士が同性婚をするには、法的に家族になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

養子縁組で家族になる

 

日本では同性カップルの婚姻が認められていないため、人によっては養子縁組をして家族になるというケースもあります。

 

養子縁組になる分には同性でも問題はありませんし、親と子供という関係ではありますが法律上でも家族になることは可能です。

 

家族になるメリット

 

家族になるメリットは、何といっても法的に認められる場所が多くなるという点です。

 

例えば、同性のカップルのうちどちらか一方重症になり病院に運ばれた場合です。

 

家族であれば重症であっても面会が可能ですが、同性カップルだと家族であることの証明がとれないため、いざというときに何の対処もできません。

 

最愛の人が窮地に晒されているのにも関わらず、その場に立ち会うことも、説明を受けることもできないわけです。

 

例えそれが養子縁組であっても家族になっているカップルであれば、面談も説明も可能です。

 

同性愛者が結婚する方法

 

同性婚が認められていない日本では、養子縁組の他にも同性カップルが法的に家族になる方法があります。

 

それは、カップルの内、どちらか一方が性同一性障害を持っていて、医師の診断が既に下っているケースです。

 

医師の診断のもと、家庭裁判所に申請すれば性別の変更が可能になってくるので、この手続きを経て元同性出会ったカップルが結婚することは可能です。

 

ゲイカップルであれば、どちらか一方が正式に女性になることで結婚が出来るようになるという事です。

 

ただ、この方法は性同一性障害を抱えていることが条件となってくるためすべての同性カップルが適用されるというわけではありません。

 

まとめ

 

海外であれば、同性婚も可能ですが、日本であれば現実的にそれは不可能である、もしどうしても法的に家族になりたい時にはここで挙げた二つの方法をとるしかない、この点はしっかり押させておくようにしましょう。

 

今後、日本の世論や法律がどう変化していくのかはわかりませんが、今現在はこの二つしか方法はありません。

 

ゲイ同性愛者が出会える優良出会い系サイトはこちら

ゲイ同性愛者の戯れ


ゲイの方が利用できるアダルト向け出会い系サイトです。同性同士のやり取りができる掲示板があり、全国で同性愛者が利用しています。無料登録でお試し利用ができるので一度ゲイ会員を覗いてみてください。


同性愛者が利用できる国内最大級の出会い系サイトです。男性同士のカップルが毎日マッチングしています。安全安心をウリにしているサイト。無料登録でお試しポイントがもらえて利用できます。


日本で5本の指に入る優良出会い系サイトです。サイトは同性愛に理解があり、ゲイ掲示板が毎日盛んです。同性愛者にお薦めサイトです。無料登録でお試しポイントがたっぷりもらえます。

TOPへ